情報を具体的に発信して知ってもらう

企業家や宣伝を担当する人にとっては集客率をアップする為にどうしたら良いのか、常に悩みでありテーマなのではないかと思います。

数年前までは、宣伝すると言えばポスティングをしたり、新聞や情報誌に広告料を支払う事で多くの人に存在を知ってもらう方法が主流でした。

今でもまだその広告手段は使われてはいるのですが、費用や時間などにコストがかかり過ぎる割には反響が少ないのがネックになっています。

今は殆どの人がスマホを所有していますし、何か気になる情報があったらサクッとスマホを取り出して調べる時代です。
また何かしらのSNSサイトに登録している人が多いので、それを活かして集客アップを目指しましょう。

SNSならほとんどのサイトが無料で登録できますし、広告料を支払わなくても情報を自由に発信する事も可能になります。
ネット経由ならポスティングや広告掲載よりも拡散力も早いのも魅力ですね。

有効に活用したいなら、まずはSNSのそれぞれ特徴を把握すると良いでしょう。
文字や写真の投稿で情報を伝えやすいもの、お洒落な写真やデコレーションで視覚的な情報を発信しやすいもの、メールの感覚で情報を届けたり相手からの質問も受けやすいものなどがあります。

まずはこの3タイプに登録をして、それぞれの個性に合わせた情報発信をしてみてはいかがでしょうか?

反響もリアルタイムなので宣伝効果も実感しやすいですし、マーケティングの場としても有効活用できます。

SNSを有効に活用するには

お客様になってもらうには、具体的にどんな内容の商品やサービスを行っているのかを知ってもらう必要があります。 自分の思いや商品やサービスの説明を、写真の添付もできて内容が分かりやすく伝わるようなSNSツールがおすすめです。 文章や写真だけでなく動画を使うとインパクトがあるので目に触れやすい場合もあります。

視覚的に魅力を届ける

文章で伝えるよりも写真などで視覚的に発信した方が魅力的に伝わる場合もあります。 顧客には文字を読んで情報を得るのが苦手な人もいるので有効な手段なのではないかと思います。 手の空いた時間にスマホを眺める習慣の人も多いので、視覚的に発信するというのは時代にも合った手段ですね。

お客様と手軽にやり取りができる

お客様が商品やサービスに興味をもって、さらに詳しく聞きたいと感じる事もあるでしょう。 電話で質問するのは勇気が必要かもしれません。 メール形式でやり取りができるSNSがあるので登録しておくと、いつでもお客様からの質問に敏速に対応することもできます。